東京北青山、大阪四ツ橋発、WEBディレクターのブログ

正しくて、面白い。 google analyticsのユーザー定義を活用する

正しくて、面白い。

google analyticsのユーザー定義を活用する

google analyticsは非常に高機能なツールですが、デフォルトの設定ではセッションの有効期限が30分になっているために、ある特定のページを訪れたユーザーの動きを長期間にわたって追跡しようと思うと、「ユーザー定義」を利用したちょっとしたカスタマイズが必要です。

まず、analyticsのトラッキングコードを以下の操作で追加する記述の前に設置します。
その後、ユーザーの動きをトラックしたいページの<body>タグの中に、 <body onLoad="javascript:pageTracker._setVar('よくばりサイトプラン');"> のようにjavascriptを埋め込みます。 それから、google analyticsの管理画面左メニューにある「ユーザー」を開いて表示される「ユーザー定義」をクリック。 そこで表示される、上記の例だと「よくばりサイトプラン」をクリックすればOKです。

デフォルトのままだと特定のユーザーを長期間にわたってトラックすることは出来ませんが、上記のような方法によりjavascript関数を使ったクッキーを利用することで、セッションの有効期限とは無関係に長期間に渡って、ユーザーの動きをトラックすることが可能になります。

自社サイトの主力サービスを紹介しているページのアクセス状況を知ることは、サイト運用上とても有益な情報を得ることができる可能性がありますので、是非お試しください。